採用情報 インタビュー

Interview vol.04 化学のチカラで、最先端のモノづくりに貢献しています!

魅力あるステージで活躍する若手開発者に迫る

 ナガセケムテックスの「今」を支え、「明日」の成長を担う若手開発者たち。躍進の原動力として活躍している彼らに仕事の魅力、苦労点、目標、学生へのアドバイスなどをうかがいました。

開発だけでなく、新たな用途までに踏み込んで考察できる。
そんな開発者が理想です。(守屋さん)

 多彩な開発フィールド。それが、私がナガセケムテックスに決めた一番の理由です。いろいろな知識が習得でき、開発者としての幅を広げることができるからです。 1年目は仕事を覚えるのに必死でしたが、2年目あたりから自分の意見がしっかり言えるようになり、3年目までに剥離腋やコーティング液等の開発に従事。現在、当社の主力製品のひとつ「テイサンレジン」というアクリルゴムの開発を担当しています。エポキシ樹脂にこれを配合することで樹脂特有の硬化による脆さを改善させていく、というのが開発テーマで、最終製品として半導体の基板や表面保護フィルム用粘着材などに使われます。要求性能は社会の発展に比例してより高度になり、それに対応すべく、アクリルの種類や量を微妙に変えながら重合し組成を組み上げていくのですが、そう簡単にはいきません。とくに難しいのはスケールアップ。ラボで「これでいける」と思ったものが、現場で再現できないことがあるんです。そういう場合は手法を変えて再度トライするのですが、トレードオフの場合も同様に方向転換を図り、諦めずにアプローチを繰り返します。そんなふうにラボで実験をしていると、予想もしなかった現象に遭遇することがあり、新しい発見につながることもあるんです。そこがまた開発の楽しさでもありますね。しかし、自分だけで考えていても解決できないこともあり、そんなときは別の開発者から意見に耳を傾けます。とくに当社には年に1回、全開発者が集まって成果を発表する報告会が開催されるのですが、この時間がとても貴重なんです。合成に精通した開発者の目線は、原料を扱う私とはまた違っていて、意見交換によって開発のヒントになったり、アイデアにつながったりするんです。
 私が理想とする開発者は、求められる性能をクリアするのは当然のこととして、さらに新たな用途にまで踏み込んで考察し、こういう使い方もいいんじゃないかと、そこまでのルートを見通せる力を持っていることです。そんな理想的な開発者になれるよう努力を重ね、いずれ会社の柱となるような製品をつくってみたいですね。また今の原料開発にしっかり取り組んだのち、「混ぜもの」にも挑戦したいと思っています。 就職活動は自身の知識を広め、新しい発見ができる絶好の機会でもあります。自分の可能性を狭めることなく、いろんな会社を幅広く見るよう心がけてください。

無数ある組み合わせから最適な配合を考える。
この仕事は料理に似ていますね。(青木さん)

 大学院では有機合成の研究をしていたのですが、研究開発の仕事をするようになって、大学とのスピード感の違いには驚かされました。厳密な納期があり、開発期間もきっちりと決まっている。常にそのことを意識して開発をしなければいけないのです。そのためには、まず計画をしっかり立てること。以前、無駄な実験をして余計に時間がかかってしまったことがあり、以来、効率性を考えて計画にはとくに時間をかけるようにしています。
 入社1年目は絶縁体樹脂の開発に携わり、指導員の先輩と実験を繰り返し、現場でもさまざまな指導をして頂きました。そして2013年12月に現在の部署に異動となり、風力発電の風車に用いられる接着剤や航空機に使用される部材の開発に取り組んでいます。ラボでエポキシ樹脂などの樹脂に無機物や添加剤等を配合し、接着性や長期耐久性、操作性などお客様の要望に合った製品を、試験や実験を繰り返しながらカタチにしていき、生産技術部や製造部と連携しながら量産化を進めていきます。私たちの間で「混ぜもの」と呼んでいる分野です。しかし、混ぜるといっても、組み合わせは無数にあります。その中からマテリアル、プロセス、コストすべての条件を満たすものを見出すのは、大変難しいんです。だからこそ、おもしろいと言えるのでしょうけどね。苦労した分、想定したとおりの結果が得られたときのうれしさは格別です。そして、自分が手がけたものが飛行機などに使われる。考えただけでもワクワクするんです。
 この仕事は、料理をしている感覚に似ているかも知れません。何をどれだけ合わせれば、いかにお客様を納得させる美味しい料理がつくれるか。レシピをつくって腕を振るわけです。
 仕事で外国人のお客様と技術的な話をする機会があるのですが、今はまだ営業の人間を介してというのが現状です。なんとか通訳なしでいけるように、社内の英会話講座に参加し、ネイティブから学んでいる最中です。みなさんも技術職であっても英会話力は必要となってきます。しっかり勉強しておいてください。
 何十年と売れ続けるようなヒット製品を開発したいという思いはありますが、一方で仕事をしていくうちに開発だけでなく、マネジメントにも興味が湧いてきました。人やモノ、カネをマネジメントする立場に立つというのもおもしろいんじゃないかと。いずれにしても開発以外の分野もどんどん学んでいこうと思っています。

ナガセケムテックスの魅力は?

写真:植月さん

改良検討で何度も挫折しそうになったものの、諦めずに実験を進めた結果、お客様に大変褒められことがありました。以来、『諦めない』が私のポリシーです」
(守屋さん)

写真:奧山さん

「入社の決定打となったのが社内雰囲気の良さ。今、この選択に間違いがなかった事を実感しています。人間関係は極めて良好で、とても仕事がしやすいんですよ」
(青木さん)

写真:石橋さん

今やナガセケムテックスには欠かせない存在として活躍している2人。弱音を吐かず、意欲的に日々の仕事に打ち込む姿は、後輩たちにとってもいい手本となっている。)

学生の方へメッセージ

「ラボスケールから量産化までトータルに携わることができる魅力があり、また若いうちから責任ある仕事を任せるのも特徴。チャレンジしたい人はぜひ!」(採用担当チーム)

 高機能な化学製品と技術の提供を通じ、顧客の満足度向上に役立ちながら、よりよい社会実現に貢献するという経営理念のもとに、さまざまなケミカル製品を開発提供している開発主導型メーカーです。特徴としては「自由度の高さ」が挙げられます。若手であっても大きな裁量が与えられ、また上司や周りがおもしろい!と判断すればトライできる環境があるなど、主体的にチャレンジしようという意欲ある人には魅力ある会社です。

 開発という仕事はスーパーマン的な人ももちろん必要ですが、1人の力で完遂するものではなく、製造、品質管理、生産技術といった他部門の人たちと協力しながら進めていくものです。だからこそ、周りを巻き込み、チームワークを育む力が要求されます。もちろん、そうした能力を身につけるためにも基礎教育はしっかりと行っていきます。

 入社後早い段階で設計から製造、品質管理といったメーカーのバリューチェーンを意識した研修を行うことで、開発者として幅広い知識を吸収。こうした研修は社内人脈の構築をはじめ、現場の人の考え方や価値観等を知る機会となり、仕事をする上でとても役立っています。弊社は海外にも生産拠点があり海外の売上比率も増えてきております。そのため社内にて英会話教室を行うなど語学力の向上も図っています。

 ナガセケムテックスで自分を伸ばし成長しようという意欲ある方、ぜひ、チャレンジしてみませんか。お待ちしています。