製品情報

デナコール(特殊グレード)

 高度な有機合成技術を駆使し、高柔軟性エポキシ樹脂、高屈折エポキシ樹脂をラインアップしています。
 また、植物由来原料を用いた環境に優しいバイオベースのエポキシ樹脂も開発しています。

高柔軟性エポキシ樹脂

特長

  • 各種エポキシ樹脂に添加することで、高い柔軟性を付与することが出来ます。
  • デナレックスR-15EPT、EX-991Lは低ハロゲンタイプであり電子材料用途でも高い信頼性を持ちます。

製品

製品名 外観 エポキシ当量
(g/eq.)
粘度
(25℃, mPa・s)
全塩素含量
(%)
デナレックスR-15EPT 黄色液体 910 1,700 0.08
デナレックスR-45EPT 黄色液体 1,570 10,000 0.8
EX-991L 淡黄色液体 450 200 0.1

デナレックス分子構造

デナレックス分子構造

基本物性

■EX-991Lの柔軟性付与効果

EX-991Lの柔軟性付与効果

項目 結果
EP-BPA/デナコール 100/0 70/30
Tg(DMA) (℃) 158 80
E’(DMA) (GPa) 2.2 1.4
曲げ強さ (MPa) 124 79
曲げ弾性率 (GPa) 2.8 2

配合条件:[EP-BPA*+DENACOL]/IPDA=100/24,
硬化条件.:100℃×1H ⇒175℃×4H
EP-BPA:ビスフェノールAタイプエポキシ樹脂(WPE190)

高屈折エポキシ樹脂

特長

  • ビフェニル骨格に由来する耐熱性と高屈折率を持つ。
  • 低粘度であるため、特殊用途の希釈剤として効果が高い。
  • 改質剤としの特性が期待できる単官能タイプである。

性質

製品名 外観 エポキシ当量
(g/eq.)
粘度
(25℃, mPa・s)
全塩素含量
(%)
色価 屈折率
EX-142 淡黄色液体 235 230 0.3 1(G) 1.60
(25℃)

EX-142 分子構造

EX-142 分子構造

希釈効果

■EX-142の希釈効果

EX-141の希釈効果

お問い合わせ窓口

ナガセケムテックス株式会社
機能化学品事業部 営業開発室
[東京] TEL:03-3660-5901
[大阪] TEL:06-6535-2542

お問い合わせフォーム